DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。

RaspberryPiを自宅サーバーにするためにーApache2起動ー

WEBサーバーの大御所Apacheをインストール。

sudo apt-get install apache2

Apache2のインストールに失敗したりして全削除したい場合、設定ファイルを含めてやりなおしたい場合のアンインストールコマンド。

sudo apt-get remove --purge apache2 apache2-mpm-worker apache2-utils apache2.2-bin apache2.2-common libapache2-mod-dnssd libapache2-svn

 

 

Apacheの起動/停止/再起動

Raspbian Wheezy(init.d)の場合

起動

sudo /etc/init.d/apache2 start

停止

sudo /etc/init.d/apache2 stop

再起動

sudo /etc/init.d/apache2 restart

 

Raspbian Jessie(systemd)の場合は

起動

sudo systemctl start apache2

停止

sudo systemctl stop apache2

再起動

sudo systemctl restart apache2

 

 

まずはApacheの動作確認でサンプルを動かす。

/etc/apache2/sites-abailable/000-default.conf

がデフォルトの設定ファイル。

これをコピーして使う。

sudo cp /etc/apache2/sites-abailable/000-default.conf /etc/apache2/sites-abailable/test.conf

<VirtualHost *:80>の部分がポートの番号

DocumentRoot /var/www/html の部分でアクセスディレク鳥を指定してある。

 

ポートを変更する場合は/etc/apaches/ports.confファイルに

Listen 80とあるのでこれも変更する必要がある。

この/var/www/htmlのディレクトリ内にindex.htmlが存在すれば表示されるらしい。

デフォルトではApacheの詳細が表示されるようになっているらしい。

 

 とりあえず設定ファイルtest.confをApacheに認識させて表示するには

sudo a2ensite test

と設定ファイルを追加してからApacheを再起動させる。

 

無事に設定ファイルが読み込まれていたら

/etc/apache2/sites-enabled

シンボリックリンクtest.confが入っている。

 

RaspberryPiのアドレスにブラウザからアクセスしてApacheのデフォルト画面が表示されたらApache起動成功!

外部からアクセスする場合はデフォルトの場合ルーターの80番ポートを開放する必要がある。

 

サイトを停止するには

sudo a2dissite test

で設定ファイルを除去してApache再起動。