読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。

PiTFTをインストールして必要な線だけ取り出して延長する

f:id:DreamerDream:20160402084842j:plain

 

PiTFTを入手した。

ラズベリーパイの調理法 大きくなった PiTFT 3.5" 480x320

3.5インチの抵抗被膜型タッチパネル液晶モニタだ。

使用ハードウェアピンは、SPIピン(SCK, MOSI, MISO, CE0, CE1)、GPIOピン(#24, #25, #18)。

と書かれているが情報が少なく苦労したので備忘録として残すことにする。

 

f:id:DreamerDream:20160402084905j:plain

 

 

ーー インストール ーー

単純にGPIOピンに刺して電源ONすると最初は真っ白の画面が表示される。

PiTFTを設定したカーネルイメージを利用するという方法もあるが、僕は現環境をそのまま使いたかったので、まずSDカードのバックアップをとり現環境に追加インストールすることにした

 

インストール前に自作のGPIOを利用しているアプリケーションは全部無効にする必要がある。

自分用メモ(sudo systemctl disable gpio_fan_controld)

アップデートもしておく

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

 

 

まずコチラの簡易インストールという方法を試してみた。

テックシェアストア(TechShareStore)

ダメだった。OSのバージョンの違いなのか原因はわからないがHDMIで「startx」とすると一度だけ映ったのだがその後エラーを吐いて映らなかった。

 

コチラの方法でインストール成功した。

apt-getからブートローダーをインストールする方法

Adafruit PiTFT 3.5" Touch Screen for Raspberry Pi - IT LinesIT Lines

curl –SLs https://apt.adafruit.com/add | sudo bash
sudo apt–get install raspberrypi–bootloader

(↑かなり時間がかかる)

sudo apt–get install adafruit–pitft–helper
sudo adafruit–pitft–helper –t 35r

再起動でディスプレイが有効になった。

真っ白画面がしばらくすると黒くなってモニタにコンソールが表示されるようになる。

 

ーー インストール終了 ーー

 

ここからが本題

で、直接GPIOに刺したらモニタ裏の端子を使って他の信号をやりとりできるらしいがどの端子をモニタが使ってどの端子がフリーなのか?という情報が少なかった

 

結局必要な端子は

・SPIピン(SCK, MOSI, MISO, CE0, CE1)

・GPIOピン(#24, #25, #18)

・電源5V

GND

の計10本だった。

f:id:DreamerDream:20160402084923p:plain

 

参考にしたのはこのページ一番したの回路図と配線図

Adafruit PiTFT 3.5" Touch Screen for Raspberry Pi - IT LinesIT Lines

それを元に使われている端子を図に起こしたのがコチラ

RPi1 B+ 側の端子

赤四角がPiTFTの端子が重なる部分

赤●がPiTFTで使われている部分

黒○はGND

青●が空き端子

f:id:DreamerDream:20160402084942p:plain

赤●端子(電源5Vは2つだから1つにする)+GNDで接続するとちゃんと表示された。

f:id:DreamerDream:20160402084842j:plain

 

作業に当たって、お互いの基盤を裏返すと端子オス側とメス側で反対向きになるので刺し間違えないように刺さない端子はセロテープでマスクした。

f:id:DreamerDream:20160402085000p:plain

 

表示速度があまり早くないが何か設定があるのかもしれない。そのままでも用途を割りきれば十分実用に耐えると思われる。

しかしRPiの電源オフでも画面スリープでもバックライトが点灯したままなのが不満ではある。