DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

Let's Encryptからエラーメールが来た!

内容は

Hello,

Your certificate (or certificates) for the names listed below will expire in 20 days (on 20 May -- --:-- +0000). Please make sure to renew your certificate before then, or visitors to your website will encounter errors.

We recommend renewing certificates automatically when they have a third of their
total lifetime left. For Let's Encrypt's current 90-day certificates, that means
renewing 30 days before expiration. See
https://letsencrypt.org/docs/integration-guide/ for details.

 

要するにエラーで証明書の更新が出来ないからあと20日でSSLが効かなくなるよ。

ってことみたい。

 

あれ?前回設定してなかったっけ?

dreamerdream.hateblo.jp

 

と思って手動で

sudo certbot renew

と打ってみたらエラー出た!

え?なんで???

 

調べるとどうやらLet's Encryptで登録した時のhttpアドレスに繋ごうとしたらhttpsにリダイレクトしちゃうのが原因みたい。

http://[サイトアドレス]/.well-known/~~へアクセスしているのに

https://[サイトアドレス]/.well-known/~~へ飛ばされちゃうから

「約束が違う!」と怒っているようです。

 

あー、確かにVirtualHostの設定でリダイレクトしてました。

RedirectMatch 301 .* https://[サイトアドレス]/

この一文ですね。

 

実はこのリダイレクト方法だと、httpでアクセスして来たものを全てhttpsへリダイレクトしちゃうようで、ある特定のファイルやディレクトリのみhttp接続する。という動作は難しいようです。

(前回はうまくいってたのに?・・・なぜだ〜??ま、いいや)

一部ディレクトリやファイルのみhttpでアクセスさせる場合はRewriteというモジュールを使うと良いそうです。

ー書き方ー

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_URI} !(^/.well-known)
RewriteRule ^(.*)$ https://[サイトアドレス]/$1 [R=301,L]

内容は、RewriteEngineをOnにして、/.well-knownが含まれているアドレスでなければhttpsサイトへリダイレクトさせる。という設定です。(RewriteCondで条件設定が出来るようで、「!」が付く事で否定形として実行される)

これでcartbotが使う/.well-knownディレクトリのみそのままアクセスしてくれます。

とりあえず今回はこれでうまくいったので(ドライランも)、また次回まで様子を見る事にします。

<コマンドメモ>

更新

sudo certbot renew

ドライラン

sudo certbot renew --dry-run

う〜、サーバー管理って難しス・・・

f:id:DreamerDream:20190501115634p:plain

 

https://cdn.profile-image.st-hatena.com/users/DreamerDream/profile.png私、(PONさん (@o_n_pon) | Twitter)を応援してくださるお優しいかたは15円から投げ銭可能ですので↓よりカンパをお願いしますm(_ _)m

kampa.me