DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

RaspberryPi zero w ってスゴイ!

一時期話題になった日本円にして600円のRaspberryPi zero

それにWi-Fiを搭載したモデル、RaspberryPi zero wを入手したので手持ちのRaspberryPiと比べてみました

 

左から、Pi3 B、Pi A+、Pi zero w

A+は今は生産していませんが(現在同じサイズで高性能なPi3 A+が出ています)、zeroが出るまではラズパイの最小基盤でした。

A+はBサイズのコネクタ類の部分を端折ったサイズです。

zeroはA+よりもっと小さいです。

f:id:DreamerDream:20190502125434p:plain

 

A+とzeroとを重ねてみました。

zeroはA+の約半分の大きさだということが解ります。

スペックはA+と変わりませんが、なんとこのサイズでWi-FiBluetoothを内蔵しているというから驚きです。

f:id:DreamerDream:20190502125449p:plain

 

そしてさらに驚くべきは、zeroの裏面です。

なんと、半田箇所が一切ありません!

f:id:DreamerDream:20190502125509p:plain

 

全てが表面に実装されているzeroの裏面はツルーっとフラットなのです!

f:id:DreamerDream:20190502125518p:plain

Bサイズに重ねてもLANコネクタに隠れちゃうほどに薄い!

f:id:DreamerDream:20190502125529p:plain

すごくないですか?

裏面に部品が無いということはケースに組み込んだりするときに何も邪魔にならないということです。

 

まあ、いくら小さいとはいえ「マイコン」と大きい分類で比較したら大きな分類ですが、(ArduinoMicroと比較↓)

 f:id:DreamerDream:20190502125458p:plain

 

しかしこのサイズでLinuxというOSが動いてGPIOまで使えるというのはスゴイことですよ。

https://cdn.profile-image.st-hatena.com/users/DreamerDream/profile.png私、(PONさん (@o_n_pon) | Twitter)を応援してくださるお優しいかたは15円から投げ銭可能ですので↓よりカンパをお願いしますm(_ _)m

kampa.me