DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

それ本当に「牛乳」ですか?「お買い得!」と思って買った牛乳が実は牛乳じゃなかった件

スーパーでのよくある乳製品コーナーの陳列風景ですね。

 

f:id:DreamerDream:20190621120119p:plain

f:id:DreamerDream:20190621120106p:plain 

みなさん、牛乳はいつもどう選んでいますか?

 

「そりゃ安いのがお買い得でしょ?」

と思って賞味期限だけ気にして買っている牛乳、実は「牛乳」じゃないかもしれません。

僕も騙されていました。 

 

本物の牛乳の表記はこうです。

「北海道牛乳」

f:id:DreamerDream:20190618213625p:plain

「酪農大地の恵みの牛乳」

f:id:DreamerDream:20190621120243p:plain

種類別名称:牛乳

そりゃそうだ。

原材料名:生乳100%

あたりまえだ。

「牛乳」だったらどれも同じ表記です。

 

 

 

次にこれ。

「まきばの空」

f:id:DreamerDream:20190618213647p:plain

種類別名称:成分調整牛乳

え?これ成分調整なの?と思ったあなた、要注意ですよ。

原材料名:生乳100%

まあ、生乳が原材料で乳脂肪分だけ成分調整してあるので「牛乳」と読んでもまあ間違いではないでしょう。

 

 

 

問題はこれら

あじわい便り」

f:id:DreamerDream:20190618213636p:plain

「牧場の大地」

f:id:DreamerDream:20190621120404p:plain

種類別名称:乳飲料

そうです!牛乳でもなく、成分調整でもなく、実は「乳飲料」なのです。

乳飲料といえばカフェオーレのような、一丸に牛乳とは言えない製品も含めた名称です。

原材料名:乳製品、生乳(50%未満)、乳糖

原材料はもはや生乳成分は50%を切っています。原材料は多い順に書く決まりですから謎の「乳製品」が主体の飲料なのです。

バファリンだって半分は優しさなのに・・・古)

 

次いで、

「特濃」

f:id:DreamerDream:20190621120554p:plain

種類別名称:乳飲料

 

原材料名:乳、乳製品、ビタミンD

何??なんなの?

乳って生乳じゃなくて?

上で紹介しました同じメグミルクの本物の牛乳には「生乳」とちゃんと書かれていましたから、これはワザとらしい表記です。

生乳を殺菌処理したものが牛乳です。なら乳とは??ってことですよ。

謎乳です。

パッケージには「乳成分4.3%、濃くておいしい特濃」と書いてあります。

牛乳に表記されている「乳脂肪分」ではなく、「乳成分」です。こういう書き方だと、生乳が4.3%だけという意味で書いていてもあながち嘘じゃないんですよね?

 

そして、パッケージやサイトにはどこにも「牛乳」という言葉は使われていません。

<公式サイト>

特濃 | 商品のご案内 | 雪印メグミルク

公式サイトには「口に広がるミルク感」と書かれています。つまり、「ミルクのように感じます」ってことですよね?

 

これってアリなの?

 

 

こいつがカフェオレとかの乳飲料とかと同じ商品棚ではなく、牛乳のような顔をして堂々と陳列されているのです!

しかも、本物の「牛乳」と混ぜて陳列されているのです。

f:id:DreamerDream:20190621120202p:plain

「お前の陳列棚はここだろ!」と言いたいです。

 

世間では酪農家が減少しているといいます。

アメリカで人工肉も実際に発売されはじめました。

 

これ、悪意ではないものの、何やら作為を感じませんか?

 

人によっては「飲んでみて分からなきゃ別にいいじゃん」と思うかもしれません。

僕は牛乳と思い込んでいたので「してやられた」という感じがしました。

 

皆さんはどう感じるでしょうか?

 

 

こういった「食品の裏側の事情をもっと知りたい」という方には、その名も「食品の裏側」という本がすごく為になります。

何せ作者が実際に食品添加物を売り歩いていた人というのですから話に信憑性があります。 

kampa.me