DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

なぜ日本と韓国は軍事協定破棄を双方共に「影響はない」と評価してしまうのか

先日、GSOMIA軍事協定の韓国の一方的な破棄のニュースには大変驚かされました。

しかし、その影響に関してお互いに「破棄による影響は微細」だと評価されています。

それほど無意味な協定なのでしょうか?

 

 

ミサイルの分析における双方の思惑

まず、北朝鮮からのミサイルに対して双方共に「向こうが困るだろう」と思っていることを取り上げます。

日本側は「北朝鮮のミサイルの着弾地点の計測は日本の方が有利だから破棄したら韓国の方がミサイルの分析に困るだろう」と思っています。
韓国側は「北朝鮮のミサイル発射時の計測は韓国のほうが有利だから破棄したら速報が出せず日本が困るだろう」と思っています。

 

ミサイル発射で困るのは?

実戦においては、当然ですが日本にとって重要なのは「日本側に飛翔したもの」であり、韓国側にとって重要なのは「韓国側に飛翔したもの」です。

 

つまり、韓国側にとって日本海側に向けて発射されたものの情報は「ウチ関係ないじゃん、別に日本側に向けたものでしょ?ウチは別に困らんし」というわけです。

韓国にとって重要なのは、あくまで北朝鮮のミサイルの性能の分析ではなくどの方向に向けられたものなのか?ということです。

 

ミサイルの性能を分析する必要性は?

ミサイルを分析して北朝鮮の武力を測り対策を練ろうとしている日本やアメリカにとってミサイルのレーダー補足情報は重要な情報です。
大陸間弾道ミサイルの場合、アメリカにも脅威となるので当然ですね。

つまり、北朝鮮がどのような能力のミサイルを保持しているのか?という軍事力を分析しようとしている日本、アメリカにとって韓国側の発射直後の挙動は重要な情報になるわけです。

 

一方、韓国にとってミサイルであれば近距離だろうが大陸間弾道ミサイルであろうが、実際に発射されてしまえば即座に届いてしまう距離なので分析自体はあまり意味の無いこととも言えます。

f:id:DreamerDream:20190827093247p:plain

 

北朝鮮の情報は?

協定破棄によって日米が実際に困るのは北朝鮮に詳しい韓国からの内部情報が入りにくくなってしまうことでしょう。

脱北者からの有益な情報はやはり隣接している韓国が詳しいのです。

実際に協定が破棄されて北朝鮮の重要な情報が入りにくくなってしまうことはありえます。

 

軍事機密事項の漏洩リスクは?

北朝鮮から韓国へ渡る情報とは逆に、韓国から北朝鮮への情報流出がないか?と問われると誰も答えが出せません。

しかし実際に韓国には北朝鮮スパイも潜んでいるそうですし、日米の重要な軍事機密情報が漏れている可能性もゼロでは無いでしょう。

協定が破棄されると、情報が入りにくくなると同時に北朝鮮への情報流出のリスクが減らせるという考え方も出来ます。

 

一番困るのは

おそらく、間に入って仲裁しているアメリカが一番困っていることでしょう。

韓国は軍事情報云々よりも国際社会で「一方的な軍事協定の破棄をした国」と評価されてしまうのですから国の評価を落とすことになります。

 

まあ「軍事情報」などを使う場面は「最悪の場合」ですから、実際に情報を活用する場面が無い方が望ましいものです。いつまでも平和でありたいものです。

https://cdn.profile-image.st-hatena.com/users/DreamerDream/profile.png私、(PONさん (@o_n_pon) | Twitter)を応援してくださるお優しいかたは15円から投げ銭可能ですので↓よりカンパをお願いしますm(_ _)m

kampa.me