DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

3Dプリンターでデコチョコを食べたあとのパッケージをマグネットにする

言わずとしれたチロルチョコですが、オリジナルのメッセージや写真を入れてパッケージ化することが可能なことをご存知でしょうか?

 

こちらはAmazonで売られている感謝メッセージのデコチョコ↓

 

それ以外に写真入れたり、文字を入れたり自由に編集することができるのです。

decocho.com

 

 

で、こちらが僕が作ってみたデコチョコ(自分用の1つ)。↓

ですが、ここで公開してしまうと渡した人に身バレしてしまうので、パッケージデザインは秘密です。

 

このデコチョコ。とてもアイデアが良くて渡した相手へのウケも良いのですが、欠点が1つ。

「えー!記念の写真入ってる!!!捨てられないよ!!!」

と言われることです。

 

 

そこで、3Dプリンタでチョコの型を作って中身を食べちゃっても飾っておけるようにマグネット化する!という方法を考えました。

3Dプリンターって思ったまんますぐ作って使えるのが良いです。

 

ただ、注意が必要なのは3Dプリターがタンスの肥やしになってしまう人↓

dreamerdream.hateblo.jp

こういう方は衝動買いしないようにしましょう。

 

デコチョコは、そーっとパッケージを開封して中身は食べちゃいます。

 

先程作ったチョコ型を中にそーっと入れます。

 

はみ出た部分はぎゅっぎゅっと横に押し込みます。

 

マグネットとパッケージの固定はホットボンドでOK!蓋も開ける予定がないのでホットボンドが熱いうちに閉めて固めてしまいます。

ホットボンドはこういったザックリした作業に便利です。

 

 

はい!完了!!!早速冷蔵庫に貼りました。

良い!実に実用的だし良い!!!

 

これ、ひょっとしてアイデア商品としてメルカリで売れるんじゃないか??と思って調べてみましたら・・・・売ってた!!!!しかも公式で😂なんじゃそりゃー

DECOチョコ関連グッズ|デザインを選んで注文|DECOチョコ|オリジナルチロルチョコが作れるサイト

chronyがエラー 再起動させるよ

以前にラズパイサーバー同士の厳密な通信をするためにchronyを導入して時間の同期をおこなっていたのですが、ここ最近は通信エラーを起こすことが頻発していました。

dreamerdream.hateblo.jp

 

ある一定の操作は問題ないのだけど、自作の時間をトリガーとした通信を試みるとエラー。。

これは、おそらく時間同期が合っていないのでは!?と思い、chronyをチェックしてみたところ。

sudo systemctl status chrony

ビンゴ!!

chrony.service - chrony, an NTP client/server

   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/chrony.service; enabled; vendor preset: enabled)

   Active: failed (Result: exit-code) since Wed 2023-03-29 04:54:35 JST; 2 weeks 3 days ago

     Docs: man:chronyd(8)

           man:chronyc(1)

           man:chrony.conf(5)

  Process: 381 ExecStart=/usr/sbin/chronyd $DAEMON_OPTS (code=exited, status=0/SUCCESS)

  Process: 400 ExecStartPost=/usr/lib/chrony/chrony-helper update-daemon (code=exited, status=0/SUCCESS)

 Main PID: 398 (code=exited, status=1/FAILURE)

2週間前からエラーで停止しています。あらら

 

一度再起動させてみます。

sudo systemctl restart chrony

再度チェックをすると、

sudo systemctl status chrony

約3秒弱もズレていますorzこれは駄目ですね。

System clock wrong by -3.706291 seconds, adjustment started

System clock was stepped by -3.706291 seconds

サーバー側のラズパイは問題なく動いているので原因が定かではありませんが、ひとまずcronで一週間ごとに再起動するようにします。

crontab -e

 

0 5 * * 1 systemctl restart chrony

毎週月曜の5時に再始動

 

しばらく様子見することにします。

しかし2週間で4秒近く・・・、そんなずれるんですね^^;

CentOS Stream 8 から Rocky Linux へ移行した 備忘録

過去記事にまとめていますが、サポートの終了するCentOS8からの良さそうな移行先が無いとのことで、僕のVPSはひとまずのCentOS Stream 8へシステムを移行していました。

dreamerdream.hateblo.jp

 

ひとまず延命したものの、CentOS Stream 8 も2024年5月でサポート終了してしまいますのでこれも早めに移行しないといけません。

 

今の所、CentOS Stream 8 から簡単に移行出来るスクリプトが用意されているのはRocky Linuxだけのようです。

CentOS 8からであればAlma Linuxへも移行できるようですが、Streamには対応していないようです。

RockyLinuxは公式で「バグをも含めて100%の互換性」と謳うほど、RHELとの完全な互換性を強調しているRHELのクローンだそうです。これはCentOSと立ち位置がかなり近いものです。

 

また、こちらの情報によりますと、

Download Rocky | Rocky Linux

Rocky Linux 8のサポートは2029年5月まで、最新のRocky Linux 9のサポートは2032年5月までと、RockyLinux9にすると+3年の延命が可能になります。

 

CentOS8からRockyLinux9への直接の移行は出来ないようですが、8→9へのバージョンアップはクリーンインストールしなくても可能となるようです。

www.starwindsoftware.com

 

しかしまだ日本での情報が少ないので僕は9への移行は様子見をすることにします。

9で大きく変わるのは、

https://computingforgeeks.com/upgrade-to-rocky-linux-9-from-rocky-linux-8/

Python3.9をサポートし、Python3.6→python3.8へ移行とのことなので、古いシステムの場合は不具合が起きる可能性も否めません。

実際、現時点での課題報告は9での報告が大多数ですので今の段階で急いで導入する必要は無いでしょう。

 

今回はこちらの記事を参考にさせてもらいながらRockyLinuxへ移行しました。

www.dice-programming-etc.com

 

<移行のための公式ドキュメントはコチラ>

Migrating To Rocky Linux - Documentation

 

この記事でも書かれていますが、必ずバックアップを取った上で自己責任で作業してください。

僕はVPS環境をまるままコピーし、テスト環境として新しくサーバーを作ってRockyLinuxをインストールして検証。問題ないことを確認した上で本番環境へインストールしました。

 

移行方法

sudo dnf --refresh upgrade

 

で環境を最新にしてから再起動。

sudo reboot

 

現時点のバージョンを確認

cat /etc/redhat-release

 

現在のバージョンは

CentOS Stream release 8

ですね。

 

こちらの移行スクリプトをダウンロード

curl -O https://raw.githubusercontent.com/rocky-linux/rocky-tools/main/migrate2rocky/migrate2rocky.sh

 

実行権限を与えます。

sudo chmod +x migrate2rocky.sh

 

スクリプト実行!

sudo bash migrate2rocky.sh -r

 

このような青字メッセージが出たら完了!!え?早っ!というイメージです。

 

バージョンを確認します

cat /etc/redhat-release

Rocky Linux release 8.7 (Green Obsidian)

 

無事にRockyLinxへ移行されていることが確認できます。

 

インストール時のログは

 cat /var/log/migrate2rocky.log

で確認出来るようですね。

 

再起動の前にパッケージを最新バージョンにします。

sudo dnf distro-sync -y 

 

移行コマンド実行よりこちらの方が時間が長いです。

 

完了したら再起動。

sudo reboot

 

以上で移行完了です。これで2029年5月までの延命できました。

やはりサーバーとしてはCentOSと同様のダウンストリームビルドのOSは安心ですね

 

3Dプリント品を木目調に仕上げる 突板テープ・化粧テープが良い仕事してくれる

ベニヤ板などの端っこをまるで一枚板のように上手に隠してくれる化粧テープを3Dプリンタ出力品に貼ると木工のような仕上がりになることを発見したので共有します。

 

Amazonなどでも木口貼りテープ等の名前で売られているこのテープです。

 

このような切口が↓

テープを貼るだけでこうなります↓

 

今回使用したのは天然木材を使用したこちらのタイプ。

 

天然木を使用したものはプリント品と違って少し癖があります。

通常、この状態で入っていますが、巻きグセが強く、まっすぐに伸ばそうとしたり、逆に丸い部分へ巻きつけようとするとパキッと割れてしまうことがあります。

 

なので、使用前によくアイロンで伸ばします。

これをすると全く割れなくなります。すごく大事です。

3Dプリンター素材も「合成樹脂」と呼ばれますが、もともと木の脂が天然樹脂なので同じ用に熱で変形する性質は似ていて当然ですね。

「曲げ木加工」と呼ばれる木工の方法もあります。

youtu.be

 

しっかり熱を加えて伸ばしてあげると、このように巻きつけて貼っても割れません。

難しいですが、貼りながらアイロンがけをするとベストかもしれません。

 

今回は、このような無骨な3Dプリント品にこのテープを貼ります。

 

これをこうしてー

 

こうじゃ!

いきなりですが完成です。

 

当たり前ですが触った質感はまさに「木」そのものです。

 

木のような3Dプリンターフィラメントよりはるかに木そのものでWood!。

 

というわけで、簡単な形状であればこのテープを貼るだけで木工細工のような質感に仕上げることができます。

 

今回は以上です。

LEDバーライトの自作方法

LEDバーライトって、思ったようなサイズがなかなかなかったりしますよね?

そこで、オススメのLEDバーライトの自作方法を書きます。

 

材料は

①光モールの透明バインダータイプ

これがバーライトの筐体になります。

 

②LEDテープ

LEDバーのお好みの色に合わせて選択しましょう。

 

この光モールに

 

LEDテープを通して好きな長さで切ります。

端子をつけたり、配線つけたり、ご自由に

 

電気を流せばホラ完成!!


好きな長さのバーライトが自作できちゃいますね。

水槽の照明とか飾り棚とか、LEDテープを丈夫に伸ばすだけで使い勝手と見た目が良くなります。

 

 

電動バランスボードの中から異音発生! 中でネジが落ちていました。

電動バランスボードとか電動ホバーボードとかバランススクーターとか呼ばれるセグウェイで有名になった体重移動で走るメカですが、今回は「エレクトリックバランスボード」という商品の一部を分解してみたのでそのレポートです。

 

商品ページはこちら↓

www.fugu-innovation.com

 

このバランスボードの特徴は便利な取っ手付き

モーターとバッテリーで重量が6.5kgと結構重たいのでこういう親切設計は嬉しいですね。

普通に使えていたのですが、しばらくすると「なんか中でカラカラ音がする」という不具合が発生しました。

イメージ的にはネジの一本でも抜け落ちているような音です。

もし、ネジだった場合は大容量のバッテリーを搭載している商品なので基板に触れてショートしたら大変!ということで急いで原因を探るべく、なるべく本体を傾けないよう注意しながらカバーを外しました。

+ネジ10本ほどで呆気なく開封することができました。

 

原因↓大当たりです!!

基板を止めているネジが1本抜けてケースの中に落ちていました。

 

幸いにも基板は下向きで配置されており、このまま遊んでも接触するような構造では無かったのでよかったです。

 

ネジを元に戻せば修理完了。他はネジの緩みの無いので、なんでこんな所が外れていたのか不明で気持ち悪いです。

 

もっとバッテリーがガッツリ入っているのかと思っていましたが、このモデルのバッテリーは片方だけのようですね。

基板にはこのようにインホイールモーターを回すためのモータードライバーが組んであります。

 

Amazonや楽天で調べると、インホイールモーターや基板があるので案外自作もイケるのかもしれません^^

amzn.to

 

楽天で左右セットの基板


 

 

まあ、自作より買うほうが安く済みますけどね^^;


 

スマホをバッテリーレスで動かしてみる 内蔵バッテリーもダミーバッテリー化できるのか?

一般的にスマホのバッテリーが劣化して使えなくなってしまったら買い換えしか選択肢が無いのですが、スマホってものコンパクトなのにすごい機能が収まっているんですよね。

外部電源だけで使う方法があれば、例えば以前作ったスマートロックの制御器として簡単に運用することができます。

dreamerdream.hateblo.jp

 

しかし、膨らんだバッテリーを付けたままで表示機として運用すると、将来的に爆発炎上の危険が伴います。

調べてみると「ダミーバッテリー」と呼ばれている方法で使えるかもしれないという情報を得ました。

<参考>

piu lentoの日々 (piu lento days) » Blog Archive » 電池がなければ 作ればいいじゃない??

 

しかし、ダミーバッテリーと調べて出てくる情報はバッテリーを取り外せるタイプの古い機種の情報ばかりです。

ここ最近のスマホではバッテリーは内蔵型でダミーバッテリーとしての端子が無いものが多いのでバッテリー端子から電源供給をすることができません。

 

ということで、バッテリー端子のないこちらのスマホを分解してみることにします。

SHARPの何だったかな?(バッテリー膨張で背面が外れたのでモデル名不明)

充電後に立ち上げたら1分と持ちません。完全な寿命です。

 

バッテリーの上にお財布携帯用のアンテナコイルが貼り付けられています。

 

両方とも端子を外します。

 

バッテリーを外すとめちゃ軽いですね。なんつーシンプルな構造・・・

 

アンテナが無いことでエラーが出ても嫌なので基盤に貼り付けて端子だけ戻します。

 

こちらはmicroUSBから基盤へ繋がっている端子。

 

microUSB端子から直接電源供給できないものかと思い、基盤上を探しましたが、5Vの電源線と繋がっているパターンは発見できませんでした。

この端子に直接配線する必要がありそうです。ちっこ!!

 

頑張ってはんだ付けしました。

バッテリー端子の方は基板上にアクセス端子を発見できたので楽でした。GNDはUSB,バッテリー共に共用のようです。

 

参考サイトにあるように、バッテリーの+とー以外のT端子は10KΩ抵抗でGNDへ落としてあげないと電源が一切入りませんでした。つまり、単純にバッテリーを外しただけでは一切動かないということです。

 

で、USB+とバッテリー+に直接接続しましたところ・・・(バッテリーは3.7Vですが、5Vでも立ち上がるという情報を得たのでそのまま5V給電)

一応画面は表示されますが、この状態では無理そうです。

 

microUSB端子へのはんだ付けに問題があるのかもしれないとUSBへの給電をやめ、バッテリーのみへ5V給電したところ、一応立ち上がろうとするものの、やはり途中で落ちるようです。

 

コンデンサ容量を増やしてみました。4,700μF

結果、あまり変わりません。

 

コンデンサ容量をいろいろと変えて実験しました。

 

10μF並列5個(50μF)が一番結果がよく

 

一応立ち上がりました。

元々安定したバッテリーからの電源供給なので、ノイズや瞬間の供給能力など電源の質が問われるのかもしれません。

 

一応動くものの、問題も判明しました。

しばらく動かしていると電池残量が無いと表示されて勝手に電源が落ちます。

つまり、このままでは使えません。

 

爆発しやすいリチウムイオン電池の代わりにニッケル水素電池を使っている人もいました。

<参考>

すzのAspireOne研究: Polasma 代替バッテリー

 

なるほど、こういうのなら常時駆動でも安定して給電できそう。

 

また時間があるときにいろいろと試してみたいと思います。

kampa.me