DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。

スティックPC DG-STK1B 分解レポート

現在ドスパラ5000円程度で投げ売りされている激安PCの分解レポートです。

この度はこの古いタイプのレポートです。

現行モデルはこちらで、こちらはイロイロと改善されているようです。

 

 

スティックPCを使っていると最初は調子が良く、なかなかやるやん。と思っていたのだが、

問題として段々見えて来たのが

  • Wi-Fiがすごく不安定。
  • すぐ発熱して遅くなる。

この2点だ。

 

この筐体は放熱し易いようにアルミ筐体になっている。

しかしWi-Fiのような電波は金属に遮られる。

 

ということで

ひん剥いて風に当ててあげれば全て解決じゃーん!!

と安直な思考。

 

で、分解方法を纏めることにする。

まずHDMI端子の4つのネジを外す。

f:id:DreamerDream:20170306143506j:plain

 

ここが一番注意するところ

電源ボタンを出した状態(電源ボタンが下向きにして)でHDMIの反対側へ押し込む。

f:id:DreamerDream:20170306143541p:plain

 

するとスポっと中の基盤が抜ける。

(実際には抵抗があるが、これはUSB端子上にあるスポンジ?のような物

体のせい)

f:id:DreamerDream:20170306143718p:plain

 

HDMIの反対側にはWi-FiBluetoothどちらかのアンテナが見える。

f:id:DreamerDream:20170306143900p:plain

 

放熱版は銅シートがペロッと貼ってあるだけ。

これで放熱してるんだから限界が甘いんだと思う。

f:id:DreamerDream:20170306144113j:plain

 

基盤一枚物なのでメモリやストレージ増設も不可能なのが解る。唯一交換できそうな部品は・・・電池?

まま、とりあえずこの状態で電源ONしてWi-Fiの様子を見てみた

 

結果

 

変わらんっ!!!

 

な〜んにも変わらんっ!

 

素直にWi-Fiドングル買った方がヨカッタです。

というお話でした。チャンチャン