DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

Amazonで買えるデスクトップ型3Dプリンターを比較

の2017年現在Amazonで売られている3Dプリンターの中からで買えるプリンターの上位機種をカタログスペックとレビュを元に独断と偏見により比較検討します。

ここでは20万円以上の上位機種だけ対象に取り上げていますが、20万円以下、10万円以下の比較もしていますので過去記事(ページ下部にリンク有)をご参考ください。

比較対象は過去記事で剛性が良いと判断した箱型のもの、またレビュ評価のあるものだけを検討します。

dreamerdream.hateblo.jp

 ※各画像クリックでAmazonサイトへ飛びます。

 

FLASHFORGE フラッシュフォージ 3DプリンターGuiderガイダー PLA1リール付

プライム249,000円

  • ①日本国内アフターサポート②日本国内修理サービス③日本国内発送サービス
  • ④マニュアル&ソフト&タッチパネル:日本語⑤使用ソフト:FLASHFORGEオリジナルスライスソフトFlashPrint⑥プリント精度:0.05~0.3㎜
  • ⑦最大プリントエリア:280×250×300mm ⑧ABSに対応した加熱式プラットフォーム
  • ⑨フィラメントABS、PLA、HIPS、PET、PPなど3Dプリンター⑩対応データ形式:3MF、STLGコード
  • ⑪半自動キャリブレーション機能付き⑫停電回復機能⑬フィラメント検出機能⑭USBケーブル、USBメモリ,WiFiでプリント⑮日本語マニュアル日本語ソフト日本語タッチパネル

レビュ2件(5つ星のうち 5.0

5台使った人でも満足のいく精度

停電回復機能&フィラメント切れ一時停止機能

付属スライサーflashPrintでの特殊な枝サポート

レビュではヒートベッドがないとあるが、「ABSに対応した過熱式プラットフォーム」と書いてある。モデルが違うのか?

ある程度3Dプリンタに慣れていて、より大きな造形や精度を求める人向け。停電回復機能やフィラメント切れ一時停止機能は他では見た事が無いスゴイ機能で使えると思う。

 

 

UP BOX 3Dプリンター

 

 353,533円

  • ディストトップ型3Dプリンターの最高峰です。前機種UPPLUS2より積層ピッチ、造形速度、造形サイズなど向上しました。プリントエリア:255*205*205mm、積層ピッチ0.1mm、造形速度upplus2より20%早い。BeijingTiertimeTechnologyCo.Ltd製3Dプリンタ―。無償保証期間はご購入後1年です。保証サービス窓口は日本3Dプリンターとなります。

レビュ3件(5つ星のうち 5.0

ABS出力時の臭い対策に嬉しい空気フィルター機能搭載

Upシリーズは下位モデルのUp mini2でも多くのユーザーから好評価を得ているシリーズ。それの最高峰ということだけあって初心者でも造形しやすさをさらに追求したモデルと言える。
初3Dプリンター購入を考えていてお金に余裕がある人向け。
 
 
 

[国内出荷、安心の1年間保障付き!]MakerBot デスクトップ 3Dプリンタ Replicator 5th

438,800円

  • 最大造形寸法: 25.2 × 19.9 × 15.0 cm
  • 積層ピッチ: 0.1-0.4 mm
  • サポートファイル形式: STL、OBJ、THING、MAKERBOT
  • Workstationとの互換性: Windows 7以上、Mac OS X(10.7以上)、LinuxUbuntu, Fedora
  • MakerBot PLAフィラメント

レビュ3件(5つ星のうち 3.7) 

内蔵カメラ搭載、モバイルアプリで進行状況を確認出来る。

エクストルーダー、ノズルの脱着が容易でメンテナンスし易い設計。

3Dプリンターで定評の実績のあるmakerbot社の第5世代プリンター。

 

 

オープンキューブ 3Dプリンタ SCOOVO X9 3Dプリンタ本体 シルバー SCV-X9-S

220,473円

  • 製造国:日本
  • 表面処理:アルマイト (フロントパネル:ショットブラスト / カバー:ヘアライン), サイズ (本体) :441×406×343mm (高さ×幅×奥行き), 重量 (本体) :約 18 kg, 主素材 エクステリア アルミニウム合金 (3.0mm / 2.0mm), シャシー スチール合金 (1.6mm / 1.2mm / 1.0mm / 0.8mm), 副素材 ステンレス合金等
  • ヘッド数:1,最小積層ピッチ:0.05mm(50μm),最大造形サイズ:230×200×170mm(高さ×幅×奥行き),サポート材除去方式:ブレークアウェイ式,電源内蔵型:AC100-240V50/60Hz,ファイルデータ転送方法:USB2.0ケーブル,造形マテリアル:PLAフィラメント(Φ1.75mm)/ABSフィラメント(Φ1.75mm),入力形式(拡張子):.stl,照明:青色LED
  • 付属品:USB2.0ケーブル1(A-Bタイプ)、ACケーブル1、スプールホルダ1、ポリイミドテープ1(25mm/6m)、PLAフィラメント1(1.75mm/1kg/ホワイト)、SCOOVOStudio(プリント制御ソフト)1(USBメモリ)、テスト用3Dデータ(.stl)1セット(USBメモリ)、取扱説明書(日本語)1(USBメモリ)、ハードウェア保証書1
  • X9の本体には、その構成のおよそ9割に日本製の部品を採用。
  • X9は、従来モデルで採用したPLAのほか、量産製品でも広く使われるABSのフィラメントにも対応。
  • SCOOVO X9の純正フィラメントは、高品質でありながら低価格でご提供しています。海外メーカーの3Dプリンタと比べてランニングコストが低いこともSCOOVO X9の特長です。

レビュ1件(5つ星のうち 2.0

日本製の信頼設計、モーターや送りネジも日本製への強いこだわり。

本体外部にエクストルーダーが設置され、ヘッドを軽くしてプリント速度と精度を高めた仕様。

海外製品は信じられない!という日本製品への熱いこだわりを持つ層向け。

 

 

[国内出荷、安心の1年間保障付き!]MakerBot デスクトップ 3Dプリンタ Replicator Z18

957,744円

レビュ2件(5つ星のうち 2.5

ここにきてお値段に驚く100万弱!?

あまり評価は高くないです。最初見た時に「最大幅のもの作ったら取り出すの大変そう」と思いましたが、やはり取り出しにくいようですね。

30㎝を超える大物の出力向け。

 

 

Stratasys プロフェッショナル向けデスクトップ3Dプリンタ uPrint SE Plus

3,218,400円

  • uPrint SE Plus 3D プリンタ 一式
  • 最大造形寸法: 203 x 203 x 152 mm
  • 積層ピッチ:0.254 mmまたは 0.330 mm
  • ワークステーション互換性: Windows XP/Windows 7
  • モデル素材: アイボリー、白、青、蛍光黄色、黒、赤、ネクタリン、オリーブグリーン、グレーの ABSplus、サポート素材: SR-30 ソリュブル

レビュ1件(5つ星のうち 1.0

300万円台!?

積層ピッチは低いものの、±0.1以下とレビューにあり、驚異的な再現力!流石はプロユースのプリンター。

専用サポート材が必用だそうでフィラメントは社外品は使えないのでコスト高い。

精度を求める企業向け?

 

 

3D Systems 3Dプリンタ CubeX Duo (ダブルヘッド仕様)

 456,350円

  • ヘッド数:2個
  • 最大造形サイズ(X x Y x Z):230 x 265 x 240mm
  • 対応ファイル形式:STL形式のみ
  • 材料:ABS / PLA。メーカー推奨品以外を使用して発生した故障やトラブルは、無償保証期間中であっても保証適用されません。
  • 電源コード:アース付き(接地極付き)プラグ。アース端子付コンセント(JIS C 8303 2極接地極付コンセント 15A 125V)での使用を推奨。接地極なしのコンセントへは別途変換プラグが必要。
  • 付属品:PLA(白、赤)各1kg、工具セット、日本語マニュアルをPDF形式でUSBメモリに収録。
  • 保証期間:90日間(Amazon出荷日起算)。商品配送時に同封される納品書にて期日を証明。納品書を紛失した場合には、無償保証期間内においても故障修理が有償となる場合があります。
レビュ2件(5つ星のうち 1.0
デュアルヘッド搭載。

レビュでは値段相応の機能を有していないので買うべきでないと酷評です。

素材はチップ搭載の専用フィラメントのみでダンボールリールでよく絡むらしいです。

レビュを見る限りは買う気にはなれません。見た目が綺麗なのに残念です。

 

 

20万円を超える機種はどれも大物対応が多いですね。

造形エリアは小さいけれど精度を求めた製品もあり多種多用で面白いです。

3Dプリンターは値段相応の精度とも言い難いのが現状で、どうやら値段が高ければ良いというワケでもなさそうです。

個人的に欲しいなと思ったのは一番始めのFlashforge

です。

停電回復機能も素晴らしいけれど、フィラメントが切れたら続きから足してプリント出来るのはスゴイです。これなら造形途中でもワザとフィラメントをカットして色を変えて造形なんて芸当も出来るしフィラメントの残量でヒヤヒヤすることもありませんから最後まで思いっきりフィラメントを使えそうですね。

 

20万円以下のプリンター比較はコチラ↓

dreamerdream.hateblo.jp

 

3Dプリンターと合わせて買うと幸せになれるグッズ類もご紹介しておきます。

dreamerdream.hateblo.jp