DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

コロナウイルスの空間除菌にはオゾンガスが有効かもしれないのでオゾン発生器を買ってみた 安物でもしっかりオゾンガスは発生してるっぽい

 

 

オゾンガスとは

 

<注意>

オゾンガスは現時点で新型コロナウイルスを対象にした試験は行なわれていない(実験が出来ない)ため効果の有無は確認されていませんが、インフルエンザやノロウイルスなどの一般的なウイルスへは効果が確認されているため、おそらく新型コロナウイルスにも効果があるのではないかと期待されているものです。

 

2020/5/15

「オゾンガスでコロナウイルスを無害化できる」という研究結果が報告されました。

<参考>

オゾンガスで「コロナウイルス無害化」確認|NNNニュース 

 

 

オゾンガスには最近流行っている次亜塩素酸水と同じように強力な酸化作用でウイルスを破壊するという効果があります。

また、次亜塩素酸水の塩素と同じように高濃度のガスは人体には非常に有害なものです。しかし、それは高濃度の酸素でも塩素でも同じことです。

 

自然環境の中では紫外線により自然に発生しては消失している物質ですので、我々も知らない間にオゾンを吸っています。ですので、低濃度であれば怖がりすぎる必要はありませんし高濃度のオゾンを発生させる装置は一般人が簡単に手に入れられるものではありません。

 

我々の体はオゾンガスに対しては非常に敏感なセンサーを備えているので、症状は一酸化炭素等と比べると非常に解りやすいものです。

<参考>

オゾンの安全性,オゾンの毒性/オゾンの基礎知識/エコデザイン株式会社

 

オゾンガスの原料は空気中の酸素ですので、物質を酸化させたり時間がたてば元の酸素に戻ります。そういう意味では空気中への塩素の散布(次亜塩素水の加湿器による散布)よりは安全と言えそうです。

次亜塩素酸水と同じように水に溶かして「オゾン水」とすることで、殺菌水としても用いられますがオゾンガスは水に溶けにくく、次亜塩素水よりも殺菌水として有効な時間がかなり短いためオゾン水として利用するにはその場でオゾン水の生成作業が必要になります。

<参考>

オゾン水精製装置をつくろう・・・とか | g-horibata

オゾン水を用いる利点として、次亜塩素酸水は時間が経てば塩水になりますが、オゾン水は酸素と水になるので次亜塩素酸水のような塩害は起こらないことが挙げられます。 

 

 

オゾンガス発生装置

 

オゾン発生装置は広い空間用に濃いオゾンガスを発生させる本格的なもの↓


小さな空間の脱臭効果を狙った安価な装置↓

 

空間に照射するとUV殺菌ライトとして使え、オゾンガスも発生させるオゾンランプ↓

オゾンランプとしても使える安い殺菌ランプ↓

 

 

単純に高電圧の空中放電によってもオゾンガスを発生させることが出来ます。

高電圧発生装置↓

この装置で使われている「コッククロフト・ウォルトン回路」という回路を自分で組んで高電圧発生装置自体から自作するという方法もあります。(高電圧なので危ないですけど)

<追記>実際に作ってみました↓

dreamerdream.hateblo.jp

 

その他、水の電気分解によるオゾンの生成等。

 

このように、オゾンガスを発生させる方法にはいいろいろあります。

 

 

購入した装置のレビュー

<Amazon>

装置の自作も一時は考えましたが部品材料費等を考慮すると決して安く作れる訳では無さそうなので、今回は素直にこちらのオゾン発生装置をAmazonから購入してみました。 

 

 

モードが2つあり、緑ランプモードは10分間オゾン発生後20分休むということを繰り返し、12時間後に自動電源OFFになるモードと、

f:id:DreamerDream:20200512224650p:plain

青ランプモードでは、4時間オゾン発生させて電源オフになるモードがあります。

f:id:DreamerDream:20200512224700p:plain

緑ランプモードはインターバルが設けてあるので装置の過熱を防ぎ、また装置自体が長持ちするそうです。

 

 

電源方式は2通りで、USBmicro端子による給電(5V/500mA)と、

f:id:DreamerDream:20200512224712p:plain

単三乾電池4本での使用も可能です。

f:id:DreamerDream:20200512224722p:plain

 

商品によってはバッテリー式で、充電しないと使えないというものもあるそうなので、お買い求めの際には自身の用途に合わせた電源方式のものを選びましょう。

 

 

説明書きには各部の役割名称が書かれていましたが、下の蓋は溶着されていて開かないようです。 

f:id:DreamerDream:20200513102135p:plain

 

上の蓋は半時計回りに回すと開くことが出来、オゾン発生装置を直接見る事が出来ます。

f:id:DreamerDream:20200512224735p:plain

安っぽい作りですね(笑)

 

オゾン発生機の動作の様子を動画で撮ってみました↓


オゾン発生機を使ってみた


暗い所でよくよく見ると先端に青いコロナ放電が見えます。
原理は単純に高周波の高電圧を発生させているだけのようです。

オゾン発生器には電極部をガラスで覆った「無声放電」というものが主流なようですが、この装置はガラスも無い単純は金属の放電機のみの仕様のようです。無声放電の絶縁体として空気層を使ってるってことなのかな?(この辺の知見は持ち合わせていません)

動作音は耳を近づけないと殆ど気になりません。

高電圧部にはホコリが吸着されますので、蓋を開いて掃除出来る単純な構造というのは有り難いです。

臭いは酸素形漂白剤の香りと言いますか、オゾンの香りです。

濃度は不明ですがきちんとオゾンは発生しているようです。


小さいので狭い空間でしか使えそうにありませんが、玄関に1つ置いておくと人が出入りする度に除菌をしてくれそうなので、少しでもコロナ抑制が出来ればと期待しています。

また、コロナが終息した後も靴箱やペットやトイレの臭い消しとして使えます。

今なら出産祝いとしても喜ばれるかもしれません。

 

 オゾンによるマスクの消臭効果の検証をしてみました↓

dreamerdream.hateblo.jp

 

 

 次回↓

dreamerdream.hateblo.jp

 

https://cdn.profile-image.st-hatena.com/users/DreamerDream/profile.png私、(PONさん (@o_n_pon) | Twitter)を応援してくださるお優しいかたは15円から投げ銭可能ですので↓よりカンパをお願いしますm(_ _)m

kampa.me