DreamerDreamのブログ

夢想家の夢です。〜揚げたてのモヤっとしたものをラフレシアと共に〜

CentOSを7.6から7.7へアップデートしようとしたら失敗した python36uが使えなくなったっぽい

先日、CentOS7のカーネルアップデートがありあました。

僕はカーネルは通常アップデートしてしまわないように

/etc/yum.conf

ファイルに

exclude=kernel*

と書いて必ずバックアップを取ってからアップデートするように心がけています。今回はその処置のおかげで助かりました。

 

とりあえずカーネルアップデートを実行するのでバックアプとって#で設定をコメントアウト

 

カーネルバージョン確認

sudo cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)

現在7.6ですね。

 

そしてアップデート

sudo yum update

でいつもは問題無くカーネルアップデート出来ていたのですが、見慣れないエラーががががっ!!?

 

Transaction check error:
file /usr/lib/python3.6/site-packages/pip/__init__.py from install of python3-pip-9.0.3-5.el7.noarch conflicts with file from package python36u-pip-9.0.1-1.ius.el7.noarch
file /usr/lib/python3.6/site-packages/pip/_vendor/requests/__init__.py from install of python3-pip-9.0.3-5.el7.noarch conflicts with file from package python36u-pip-9.0.1-1.ius.el7.noarch
file /usr/lib/python3.6/site-packages/pip/utils/__init__.py from install of python3-pip-9.0.3-5.el7.noarch conflicts with file from package python36u-pip-9.0.1-1.ius.el7.noarch

 

.

.

(長過ぎるので略)

.

.

file /usr/lib64/python3.6/config-3.6m-x86_64-linux-gnu/config.c from install of python3-devel-3.6.8-10.el7.x86_64 conflicts with file from package python36u-devel-3.6.8-1.el7.ius.x86_64
file /usr/lib64/python3.6/config-3.6m-x86_64-linux-gnu/python.o from install of python3-devel-3.6.8-10.el7.x86_64 conflicts with file from package python36u-devel-3.6.8-1.el7.ius.x86_64

Error Summary
-------------

 

 

どうやら競合ファイルとやらが1つや2つなら消せばいいんだけど、そうじゃなくスッゲー沢山あるそうな。

こんなんもうどうしようもないやん。。。凹

 

調べるとバージョンアップでpython36uはpython3に統一されているという(いろいろ調べすぎてソースがどこだか忘れちゃいましたが、エセだったらスミマセン)。

要するにCentOS7.7ではpython3が標準搭載だから他でpython3.6系を入れてると被ってしまうってことですね。

それって移行とか何やら難しそう・・・

 

てーことで、python3を気合いを入れて全部直しますよ!

ひとまず

python36uパッケージを削除

sudo yum remove python36u

f:id:DreamerDream:20190927130909p:plain

けしちゃった・・・


 

そして新たにCentOS7.7でが標準となったpython3をインストール

sudo yum install python3

f:id:DreamerDream:20190927130920p:plain

 

改めてyumアップデート

sudo yum update

更新されたカーネルバージョンは

CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)

これでカーネルのアップデートは完了です!

 

しかし・・・

あれ?肝心のDjangoページが表示されなくなったぞ・・・?

動かない・・悪化させた?

 

Apacheの設定を見直すと/etc/httpd/conf.modules.d/にwsgiの設定ファイルで指定されている

/etc/httpd/modules/mod_wsgi_python3.6.so

が無くなってます。そういやwsgiをアンインストールしちゃったもんな(気付くのに半日かかった)。

 

上のアンインストールとインストール一覧を見比べるとどうやら消した

python36u-mod_wsgi

python36u-devel

の代わりのものがインストールされていません。

 

以前のDjangoを設定する時の備忘録

dreamerdream.hateblo.jp

ここで、

sudo yum install -y python36u python36u-libs python36u-devel python36u-pip

sudo yum install -y python36u-mod_wsgi

として

 

後からpython36u用のwsgiをインストールしていました。 

あー、備忘録があって良かった!

 

同じようなパッケージを探しますとpython36用のものが沢山ありました。

(「python3に統一ちゃうんかーいっ!」ってツッコミが入りそう・・・、python36uを消して、どう違うのかわかんないpython36を入れるってどーなの?ってことですが、とりあえずpython3をインストールするとpython36系インストールされるようで、素直に動いてくれているので良しとします。)

sudo yum install python36-libs.x86_64(already installed)

sudo yum install python36-devel.x86_64

sudo yum install python36-mod_wsgi.x86_64

で、develとwsgiをpython36バージョンで新規インストールしますと、

mod_wsgi_python3.6.soファイルが復活しました。

/etc/httpd/conf.modules.d/10-wsgi-python3.6.conf

でも新たにファイルが作成され、中身がクリアされています。

<クリアされた中身>

# NOTE:
# Only one mod_wsgi can be loaded at a time.
# Don't attempt to load if already loaded.
<IfModule !wsgi_module>
LoadModule wsgi_module modules/mod_wsgi_python3.6.so
</IfModule>

 

以前のものはご丁寧に/etc/httpd/conf.modules.d/10-wsgi-python3.6.conf.rpmsaveにコピーされていましたので、内容は以前のものと同じよう書き換えます。

(僕の場合はextra/main.confにwsgi内容な全て纏めているのメインの設定ファイルをインクルードするだけ)

 <過去記事>

dreamerdream.hateblo.jp

 

<IfModule !wsgi_module>
LoadModule wsgi_module modules/mod_wsgi_python3.6.so

Include conf.modules.d/extra/main.conf

</IfModule>

 

 

最後に

/etc/yum.conf

exclude=kernel*

を忘れないように有効にして再起動。

 

やれやれ、今回は変に手こずりましたが無事にカーネルのアップデートは完了です。

 

今回のアップデートは本番環境のバックアップイメージを使ってアップデート試用のサーバーを新規で立ち上げてトライしました。

本番と同じ環境で何度でもトライ出来るというのはすごく心強くて助かりましたのでConohaのVPSはお勧めしておきます!(しかも料金は1サーバー1時間1円換算なので追加費用はかなり安い ※サーバーは停止時も料金加算されます。利用が終ったら削除しましょう)

 

↓1時間1円のVPSサーバー

 

CentOS8への移行も面倒そうだなー、やだなー。と思うのでした。

電子工作無しで安く低温調理器を作る方法を考えてみた 低温調理器を買うか自作するかで悩むなら

この方法には既に先輩がいらっしゃいます。

<参考>

低温調理器を電子工作なしで自作する(約5,000円) - toyoshiの日記

 

 

前回、ラズパイと炊飯器を使って自作の低温調理器を作りました↓

dreamerdream.hateblo.jp

 

お肉のアクチンが変性する温度である65℃のギリギリを攻める調理でなければ多少の水温の変化は問題無いので電子工作無しで、既製品を利用することで低温調理器を作ることは出来ます

今回は、そんな低温調理器を作る為の材料をピックアップしてみることにします。

 

 

 

サーモスタット

指定温度になるとヒーターをON-OFF制御するための部品。

何時間も放置して調理するにはまずこれが無いと始まりません。

100Vコンセントでそのまま使えて-40℃〜120℃まで対応している激安商品がこちら↓

 

水槽用ヒーター(サーモ無し)

こちらは使用する容器のサイズに気をつけて選択する必用があります。しっかり水に浸かるサイズを選択しましょう。

ヒーター自体にサーモが内臓されているものが多いので外部から制御するにはサーモ無しのヒーターを選ぶ必用があります。

 

クリーム泡立て器

温水を循環させるのによく「水中ポンプ」が使われていますが、要するに中のお湯を撹拌させれば良いので水中でスクリューがクルクル回るだけで充分です。

というか百均にありますからコレ。

 

タイマー

間違いなく99分以上の調理になるのできちんと時間を計りたいなら時間のカウントができるこちらがあったら便利、まあなくても平気。

 

保温容器

別にバケツでも鍋でもかまいませんが、こちらのような真空断熱容器があればお湯が冷めにくいので省エネになります。

 

クッキング温度計

しっかり材料の中心まで温度が上がっているかの確認をするために1つは欲しいですね。(サーモスタットの温度計が必ず正確とも限りませんし)こちらはお好みで。

 

 

自作と製品、結局どちらがお得?

低温調理器用にいろいろと見てみましたが、安いヒーター(2000円)とサーモ(2000円)だけでも最低4000円ぐらいはかかります。

それに加えてタイマーをセットしたり、水濡れを気にしないといけないとかの手間を考えると、安い低温調理器が6000円(タイムセール中なら5000円)台であるので「低温調理しかしない」という目的であれば製品を購入した方がよっぽどコスパ良しではないでしょうか?

 もともと手元にヒーターやサーモなどがある場合、低温調理器自体の構造は簡単で自作は充分可能なものなので是非一度は試して頂きたい料理方法です。

本当にウマイですから!

f:id:DreamerDream:20190924123339p:plain

(自作低温調理器で調理した猪肉チャーシュー)

RaspberryPiと炊飯器で低温調理器を自作してみた⑭-最終回 猪肉を低温調理してみた(リベンジ)

前回の実戦では、作った勢いのまま低温調理をして失敗してしまいました。

dreamerdream.hateblo.jp

 

しかし失敗は成功の元といいます。

今回はのハード、ソフト共に改良したバージョンでトライです。

前回は鹿肉でしたが、今回は同じくジビエの代表格である猪肉を調理することにします。

加熱時間は前回と同じ2時間半です。

 

調理はしょうゆとみりんと砂糖に浸けて低温調理器にポイッとするだけ。 

f:id:DreamerDream:20190920094439p:plain 

今回はきちんと水温を取得させるべく、自作の温度計も空いてるスペースに一緒に入れます。

スタートさせて待つ事約3時間(加熱時間も含め)

 

気になる温度変化は?

おおっ!!これもうカンペキな65℃キープでしょ!ヒーター(赤線)も実に細かく制御されているようです。f:id:DreamerDream:20190920151738p:plain

65℃に達してからは±0.2℃以内に収まっています。やはり炊飯器は元々の保温能力がスバラシイので選択肢としては大正解なようです!

3合炊きという容量の少なさに加え蓋があるので温水を対流させずとも温度があまり上下せずイイ感じにキープされるようです。蓋を開けた途端に温度が下がり始めます。 

 

63℃辺から伸びが悪くなっていますが、肉を入れない場合はこういうグラフになりましたから、おそらく冷蔵庫に入れていた肉の温度が最後の温度変化に影響を与えているのだろうと予想されます。

f:id:DreamerDream:20190920153558p:plain

 

 

そしてタイマーで時間になったら自動終了!

見事に「コンプリー????」あれ?

「Complete」のはずが「Comlete」になってますやんっ!これも後でコードを直すことにしましょう。

表示には問題があっても肉は問題無く出来上がっていますから!

f:id:DreamerDream:20190920131539p:plain

ぱかっ!

f:id:DreamerDream:20190920131550p:plain

こんな感じにゆであがりました。

f:id:DreamerDream:20190920131601p:plain

少し焼き目を付けましょう。

f:id:DreamerDream:20190920131613p:plain

あー!もうなんか美味しそうです!

f:id:DreamerDream:20190920131623p:plain

切ってみました。

f:id:DreamerDream:20190920131636p:plain

うおっ!これだよこれ!

鹿肉の場合は鉄分が多いのでもっと赤っぽくなりますが、猪肉はこんな色なんですね〜。

 

 

 

<食感レポート>

水分が飛ばず、しっとりプリプリです。

結構分厚く切ったんだけどすごーく軟らかい!

 

見事に猪肉チャーシューが出来上がりました!

 

うまくいったのでこの低温調理器を最後まで完成させます。

基盤を入れる箱は3Dプリンターでサクっと作ります。

基盤のサイズとボタンの位置をキッチリ測ってBlenderブーリアン演算させると基盤を上からスッポリ入れる筐体モデルがたちまち出来上がります!

f:id:DreamerDream:20190924120913p:plain

じゃじゃーん!完成!

f:id:DreamerDream:20190924121234p:plain

これで多少の水がかかっても大丈夫ですね。

適当にボタン配置した基盤に合わせて本体が作れちゃうので3Dプリンターって本当に楽なの。(電源横のボタンの機能は今のところ無し)

下からWi-Fiドングルが挿せるのでプログラムの改変も温度取得もワイヤレスで行なえます。

Webサーバー立ち上げたらスマホで管理もできます!(たぶんしないけど)

f:id:DreamerDream:20190924123313p:plain

で、チャーシューが美味すぎたので完成後に二度目の猪肉チャーシュ〜!

これも脂がしっかりのってて美味そう!ぷりぷりっ

f:id:DreamerDream:20190924123339p:plain

同じ温度と時間で調理しても肉の部位によって色味が変わるようですね。

(後に判明したことですが、どうやらスジの部分の色がピンクっぽくなるようです。スジは6時間程度維持すると噛み切れる範囲で軟らかくなってきて、さらに追加でフライパンで焼くと本来のスジ肉の硬さになってしまいます。)

脂たっぷりなのに猪肉の脂が豚肉の脂よりしつこく無いことにビックリしました。

 

全14回に分けて長くなりましたが、今回の低温調理器の自作ブログは今回で終了となります。

 <第1回↓> 

dreamerdream.hateblo.jp

 

 

ここまで低温調理器を作ってきましたが、僕は家にあった材料、廃材だけで作れましたので今回の工作費用は追加費用0円で完成しました。

しかしラズパイ等を1から購入して作るとなると、結局安い低温調理器ぐらい買えちゃいますので「猪肉チャーシュー美味そう!今すぐ低温調理器使ってみたい!」と思われた方は素直にAmazonから確実に動く保証のある低温調理器を購入されることをお勧めしておきます(笑)。

<参考>ラズパイzeroのスターターキット

 <参考>低温調理器

 

 

最後に、電子工作をされる方には是非是非3Dプリンターをお勧めしておきます。

筐体の作成が本っ当に楽ですから!

dreamerdream.hateblo.jp

RaspberryPiと炊飯器で低温調理器を自作してみた⑬ ソフトウェア改造

前回はダイレクトに水温を取得するべく温度計の設置方法を工夫してみました。

dreamerdream.hateblo.jp

今回はソフトウェアの改造です。 

 

今まで温度に反比例するようにヒーターを制御していました。

結果として65℃設定で最高70℃をマークしていました。

f:id:DreamerDream:20190919130302p:plain

 

 

今回は少しプログラムを改造して三角関数サインカーブを利用してみることにしました。要するに「円」の動きです。

するとー、結果は一目瞭然。

このように。(水温40℃あたりからスタートしていますが)

f:id:DreamerDream:20190919130625p:plain

先ほどより優しいカーブで最高でも68℃程度に収まるようになりました。これは悪くなさそうです。サインカーブ採用!

 

自作の水温計もしっかり温度が取得出来ていて問題無さそうです。

f:id:DreamerDream:20190919130651p:plain

f:id:DreamerDream:20190919130703p:plain

 

今度こそはきちんと調理出来ると思います!

次回、低温調理リベンジ!

 

dreamerdream.hateblo.jp

 

RaspberryPiと炊飯器で低温調理器を自作してみた⑫ 機器改造

前回、実際に調理をしてみましたが結果は散々でした。

dreamerdream.hateblo.jp

 

やはり、センサーの位置が悪そうです。

一応アルミテープやグラスウールで覆ってはいましたが、釜の底の一部の温度では正確な実際の水温は読めないですね。

正規の温度センサーは釜の周囲をぐるっと回って総合的に温度を取得しているようです。

テストは室内で行ない、実際の調理はもしもの火災を心配して屋外の風のよく通る場所で行なったのも要因なのかもしれません。

いろいろ反省点がありますが、温度センサーを防水加工して水に直づけすることにしました。

f:id:DreamerDream:20190918142350p:plain

 

何か防水出来る金属の筒のようなものは無いだろうかと探りましたら、発見!

油性マジックの本体!

溶剤すら通さないカンペキな防水!アルミなので熱伝導率も申し分無さそうです。 

f:id:DreamerDream:20190918223242p:plain

ペンの先を切り取って中身を綺麗に除去したらセンサーがピッタリ収まります。

f:id:DreamerDream:20190918223259p:plain

 

しかし中でセンサーが浮いていては反応が悪いので、CPU用の熱伝導グリスを注入してセンサーと入れ物の温度の反応を良くします。温度反応を良くするようにマーカーの塗装も一部削りました。

f:id:DreamerDream:20190919125811p:plain

パテでシーリングして完了!

何度かパテ埋めして見た目最悪だけどorz

f:id:DreamerDream:20190919125822p:plain

 

で、反応は温度計70℃のとき

f:id:DreamerDream:20190919125833p:plain

こちらも約70℃!!良さそうです!

f:id:DreamerDream:20190919125843p:plain



しかし、設定65.0℃なのに70℃ってのはやはり温度上がりすぎ。

グラフを見るとこんな感じ。

(ガタガタしているのは、温度計刺したりイロイロしたのがモロに出てしまっているようです)

f:id:DreamerDream:20190919130302p:plain


制御は単純に設定温度の一歩手前から反比例するようにタイミングを組んでいましたが制御はイマイチなようです。
ということで、次回はソフトウェアの改造です。

 

 

dreamerdream.hateblo.jp

 

RaspberryPiと炊飯器で低温調理器を自作してみた⑪ 鹿肉を低温調理してみた(失敗)

前回、うまく温度制御が出来ました。

dreamerdream.hateblo.jp

ですので早速実戦してみます。

 

※注意

鹿肉や猪肉などのジビエは元々野生栄物なので養殖と違って抗生物質や予防薬などの薬剤を投与されていません。ですので体内に寄生虫がいないとも限りません。

必ず一度冷凍させたものを使いましょう。

冷凍ではウイルス、菌は死滅しませんが、寄生虫は冷凍すると大概死滅するとされています。

通常、食肉用の塊に菌類は表面、消化管(ホルモン)に多く、筋肉内部には無菌とされていますがそれは食肉用の肉の切った直後の話で、天然物は特に注意が必用です。

有害な大腸菌は肉塊中心温度が75℃1分以上の過熱で死滅すると言われています。

二枚貝など、ノロウイルス汚染の可能性のあるものは85℃1分以上の過熱推奨)

それと同等の殺菌効果と言われているのが。

様々な資料を見た結果、

64.5℃では16分以上

63℃では30分以上

55℃では60分以上

というのが大まかな温度、今回は65℃を設定値としているので中心が65℃まで達するのに最低限30分以上の過熱は必要そうです。

肝炎ウイルスは70℃30分以上の過熱、98℃2分の過熱が推奨されています。

 

そして、低温調理の目安温度は50℃〜65.5℃

これは、お肉(筋肉)内部のタンパク質であるミオシンが変性するのが50℃以上アクチン(アクシン)が変性するのが65.5℃以上とされているからで、このアクチンが変性すると水分が抜けてボソボソになってしまうのです。

つまり、低温調理は筋肉繊維のミオシンのみ変性させる調理なのです。

 

ということで、安全に安全を期してアクチンの変性温度上限ギリギリの水温65℃到達後後から2時間半の調理をすることにします。

 

<参考>

https://www.fsc.go.jp/sonota/hazard/H21_19.pdf

https://www.fsc.go.jp/sonota/shokutyudoku_kanetu.pdf

63度30分と同等な加熱条件420パターン一覧

低温調理 63℃30分と同等の加熱温度と時間 | 減塩、低温調理はじめました。

http://kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp/jyoho/page5/syoudoku_4.html

 

鹿肉を味付けして軽く炙って投入!

f:id:DreamerDream:20190918133935p:plain

 

スイッチ入れて65℃で2時間温めてみます。

(実験の様子)

f:id:DreamerDream:20190918134042p:plain

 

お!グラフはイイ感じに65℃をキープしています。 

ここで判明したのですが、長時間温めるほど炊飯器自体の保温が効いて追加で温める必用が無くなるようです。

青色:水温

赤色:ヒーター過熱時間

f:id:DreamerDream:20190918132513p:plain



 
 が!!

途中水温を測ってみると68℃ですと???アクチンが変性するー!まあ表面だけなら大丈夫かぁ?

f:id:DreamerDream:20190918134053p:plain

おや?ラズパイは64℃を示しています。

誤差なのか?まあ誤差5℃程度までは良しとします。

f:id:DreamerDream:20190918134103p:plain

そのまま続けていると

 

 

え???

水温85℃です!これは完全にアウトです!

f:id:DreamerDream:20190918134119p:plain

ラズパイの温度は65℃を示しています。

f:id:DreamerDream:20190918134131p:plain

 

お湯から上げてしばらく経つ物の、お肉の中心温度はなんと83℃!!完全にアウトー!!

f:id:DreamerDream:20190918134142p:plain

Noooooo!!!

大失敗です。

 

しっかり中まで火が通っています。アクチンが変性して水分が抜けている状態です!

f:id:DreamerDream:20190918134153p:plain

これはこれで安全!

美味しかったんですけれど、目指しているものとは全く違います。

 

 

あ〜ん(泣)

おそらく、温度計の位置が悪いのでしょう。
分解して改造することにします。

 

dreamerdream.hateblo.jp

 

RaspberryPiと炊飯器で低温調理器を自作してみた⑩ 動作テスト

ひとまず完成しましたので動作実験を行ないます。

 

<使用プログラム一覧>

dreamerdream.hateblo.jp

 

 

まず、60℃で10分保温テストです。

過熱中、ディスプレイは43℃を示しています。

f:id:DreamerDream:20190918132943p:plain

赤外線温度計は約43℃!カンペキです!

f:id:DreamerDream:20190918132958p:plain

 

次に60℃のとき

f:id:DreamerDream:20190918133012p:plain

赤外線温度計も約60℃

f:id:DreamerDream:20190918133022p:plain

 

結果的に63℃を超えた辺で落ち着いてグラフのようになりました。
青い線が温度グラフ、赤い線がヒーターのON時間のグラフです。
f:id:DreamerDream:20190918132431p:plain
 

はてさて、この10分そこらの結果に大満足して早速お肉の準備をしたのが間違いでした・・・

次回、このシステムのまま実際に調理してみます。

 

dreamerdream.hateblo.jp

 

https://cdn.profile-image.st-hatena.com/users/DreamerDream/profile.png私、(PONさん (@o_n_pon) | Twitter)を応援してくださるお優しいかたは15円から投げ銭可能ですので↓よりカンパをお願いしますm(_ _)m

kampa.me